ゴルフのレーザー距離計に「手ぶれ防止機能」は必要か?

ゴルフのレーザー距離計に「手ぶれ防止機能」は必要か?

ここ2〜3年のゴルフ用レーザー距離計の進歩といったらヤバイですね。

 

かつては高低差が分かる機能をウリとするのが最高峰モデルだったのに、
今はピントが合った時にブルッと震えて教えてくれる便利機能を搭載したもの、
「手ぶれ防止機能」が搭載されているものなども出てきましたよね。

 

今回はそんな手振れ防止機能を搭載したモデルを分析してみます。なんちゃって手振れ防止機能を搭載してるモデルは複数ありますが、本格的な手振れ防止機能がついたモデルはニコンだけですかね、今のところ。

 

ちなみに、この手振れ防止機能が付いてると大体13000円ほど値段が変わります。
(ニコン COOLSHOT 80i VR(手ブレ補正機能あり)とCOOLSHOT 40iを比較)

 

モデル名 COOLSHOT 40i COOLSHOT 80i VR(手ブレ補正機能あり)
見た目 COOLSHOT 40i COOLSHOT 80i VR
値段 27625円 41220円
発売 2015年2月12日発売 2016年10月21日発売
測定範囲 8〜650ヤード 8〜1000ヤード
測定精度 0.75m/yd. ±0.75m/yd.(700m/yd.未満)

±1.25m/yd.(700m/yd.以上)

望遠倍率 6倍 6倍
本体重量 約160g(電池を除く) 約200g(電池を除く)
高低差対応
サイズ 112×70×36mm 99×75×48mm

 

果たして、手振れを防ぐのに13000円も払う価値があるのか、口コミを総ざらいしてみました。参考になったのは「手ぶれをして使いにくいと言ってる人(旧モデルを使ってる人)」と、それがゆえに「手ぶれ防止機能を搭載したCOOLSHOT 80i VR(もしくはCOOLSHOT 80 VR)に乗り換えた人」がどんなことを言っているかである。

 

旧モデルユーザーで手振れで使いにくいと言ってる人たち↓↓ 代表的なものをピックアップ。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ手ブレがひどすぎてピンフラッグにピントが全く合わない。これがカメラ屋の製品か??全く使えない。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ機器の精度は良いのですが・・・。測る人の手ぶれの測定精度によってバラ付きます。私の場合は、旗狙いより、主に手前のエッジ付近狙いで測定して使用してます。濃霧時は、使えません!

ゴルフ用レーザー距離計手振れ遠くなると焦点が合わせにくいです。慣れが必要です 最近は良好です。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ商品は良いのですが、未だに手振れに悩まされてます。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ手振れ防止がないので、ピンを測るのは難しいですね。横風があれば旗の部分で測ります。打ちおろしの場合は問題ありませんが、水平以上の場合はエッジまで、またはプレーしている人で測ります。

クールショットに限ったものでなく手振れ防止機能がついてないレーザー距離計のユーザーは手振れ防止を待ち望んでる声が多いです。

 

特に持病で手が少し震える、とかあまり器用ではないという自覚がある人が、待ち望んでいたのが手ぶれ防止機能なんでしょう。以前からそういった声は多かったと思いますが、ブレずに狙えるVR(手ブレ補正)機能を引っ提げたモデルをいち早く市場に投入したニコンはさすが!って感じですね。

 

僕はゲーマー気質というかかなりこういう小物の操作に長けてる自信があるので、正直手ぶれ防止のために13000円払うつもりはないのですが、COOLSHOT 80i VRとCOOLSHOT 40iの違いはそれだけじゃない、と言ってる人が複数見つかりましたのでご覧いただきましょう↓↓

ニコンCOOLSHOT口コミ2COOLSHOTの40シリーズは酷い出来です。計測スピードは遅く、目標に当たりにくく、本体の質感も安っぽいです。ファインダーも狭くて見にくく、全くオススメしません。新しく出た80シリーズは、これとは全く別物です。圧倒的に使いやすい上級モデルが出ましたので、価格差はありますが80にしましょう。40シリーズは買ってもお金を捨てるだけです。40を買うくらいならその前に出てたASシリーズの方が使いやすかったです。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ口コミこの前のモデル(COOLSHOT 40i)は、手ぶれで距離測定が素早くできませんでしたが、COOLSHOT 80i VRは手ぶれ機能があるおかげで、計測が早くなりました。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ口コミ他のレーザー測定器と使用感を比べてみました。手ブレ補正機能の恩恵は素晴らしいです。300ヤード先のピンも素早く測定できました。測定に時間がかかりストレスが…って方はこの商品を是非試して欲しいです。

ゴルフ用レーザー距離計手振れ口コミこの80シリーズになって、COOLSHOTがやっと「まともに使える」ようになりました。NIKONのレーザー計測器は、500の時代に使ったことのある方はとても使いやすい印象だったと思います。でもちょっと壊れやすくて・・・その後に出たASというモデルがとても良くできており、耐久性や計測スピード、本体の質感なども満足がいくものでした。しかし、COOLSHOT40シリーズは「クソ」です。酷いなんてもんじゃない。計測スピードは遅く、目標にも全く当たらない。ファインダーも見にくく、ボタンも押しにくい。本体は安物プラスチックで滑るし、酷い製品でした。新しい80シリーズ。本体の素材はASと同じラバー触感のもの。質感は非常に高いです。そして、ボタンの押しやすさ、ファインダーの見易さ、計測の正確さと当たりやすさ、さらには計測速度までも満足がいくものです。40シリーズと80シリーズでは、一見して手ぶれ補正以外の性能に大差がないように思えます。しかし、実際は計測速度も圧倒的に80の方が素早く、目標にも正確に当たり、ファインダーの見易さも大きいです。その他も含めて何もかも違う、今回の80シリーズは「買い」です。

 

凄いな、VR(手ブレ補正)機能って!
購入者ほぼ全員べた褒めじゃねぇか!

 

ショップでの評判もすげぇ↓↓ アマゾン星4.7/5.0、価格.com星5.0/5.0

Amazon 価格.com

ゴルフ用レーザー距離計手振れAmazon

ゴルフ用レーザー距離計手振れ価格.com

 

結論! 手ぶれ防止機能凄い!
何だよ、コレ…糞やん…みたいに後悔してる人がほぼいないのがマジ凄い。

 

ニコンに拍手( ^)o(^ )
Nikon ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT 80i VR LCS80IVR